襟ぐりなどの”カーブ”の縫い代の始末方法|ポイントは切り込み!

カーブの縫い代の始末方法
洋裁初心者

カーブの縫い代がつっぱって見た目がイマイチ…
綺麗に仕上げる方法はある?

カーブを綺麗に仕上げるには、縫い代に切り込みを入れてあげる必要があります。

今回は、カーブの縫い代の始末方法を詳しく解説します。

参考にしていただければ、幸いです。

目次

“カーブ”の縫い代の始末方法

“カーブ”の縫い代の始末方法は、以下です。

STEP
切り込みを入れる
切り込みを入れる①

カーブになっている部分の縫い代に切り込みを入れます。

切り込みを入れる②

切り込みの間隔は1cm程度、切り込みは縫い目から2mm程度までいれます。

STEP
縫い代を割る
縫い代を割る

縫い代をアイロンで割ります。

アイロンの先端を使って、しっかりと縫い代を割ります。

STEP
アイロンをかける
アイロンをかける

表に返し、アイロンをかけます。

カーブの”縫い方”については、以下の記事で詳しく解説しています▼

まとめ

今回は、”カーブ”の縫い代の始末方法について解説しました。

ひと手間加えれば、綺麗にカーブを仕上げることができます。

ぜひ参考にしていただければ、幸いです。

ミシンで綺麗に縫うコツは、以下の記事で解説しています▼

仕上げのステッチを綺麗に仕上げる方法は、以下の記事で解説しています▼

ダーツの縫い方のコツは、以下の記事で解説しています▼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iroiroのアバター iroiro ハンドメイド作家

ハンドメイド作家iroiroとして、付け襟を中心とした作品の製作・販売をしています。
ハンドメイド、ハンドメイド作家、洋縫に関する情報をシェアしていきます。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次