【しつけ糸の縫い方】”正しいしつけのかけ方”を詳しく解説!

しつけ糸の縫い方
洋裁初心者

しつけは必要?
しつけの正しいかけ方を知りたい!

厚い生地、滑りやすい生地、長距離を縫う時、ファスナーを付ける時など、縫いズレが起きやすい場合には、しつけをかけることで綺麗に縫うことができます。

今回は、”正しいしつけのかけ方”を解説しますので、参考にしていただければ幸いです。

目次

しつけをかける理由

しつけをかける理由

まち針を使えば布地を固定できるのに、わざわざしつけをかける必要がある?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

もちろん、まち針のみで固定できればしつけをかける必要はありません。

ですが、厚い生地、滑りやすい生地、長距離を縫う時、ファスナーを付ける時などは、まち針だけでは上手く固定できず縫いズレてしまう事があります。

縫いズレなく綺麗に縫う為には、必要に応じて”しつけをかける”必要があります。

正しいしつけのかけ方

正しいしつけのかけ方は、以下です。

STEP
針に糸を通す
針に糸を通す

針にしつけ糸を通します。

STEP
返し縫いをする
返し縫いをする①

直角に針を入れます。

返し縫いをする②

0.5㎝くらい生地をすくいます。

返し縫いをする③

②と同じ位置に針を入れ、生地をすくいます。

返し縫いをする④

④糸を引きます。

返し縫いができました。

STEP
縫い線のキワを縫う
縫い線のキワを縫う

縫い線から0.2㎝くらいの位置(縫い代側)を縫います。

縫い目は2~3cmくらい縫い目の間は0.5cmくらいで縫います。

STEP
返し縫いをする
返し縫いをする

縫い終わりも返し縫いをします。

STEP
しつけ糸をほどく
しつけ糸をほどく

縫い始めと縫い終わりの返し縫いをカットし糸を引くことで、しつけ糸を簡単にほどくことができます。

手縫いの際は、指ぬきを使うと縫いやすくなります▼

まとめ

今回は、”正しいしつけのかけ方”を解説しました。

厚い生地、滑りやすい生地、長距離を縫う時、ファスナーを付ける時など、必要に応じてしつけをかけてみて下さい。

縫いズレを防ぐコツは、以下の記事を参考にして下さい▼

綺麗に縫うコツは、以下の記事を参考にして下さい▼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iroiroのアバター iroiro ハンドメイド作家

ハンドメイド作家iroiroとして、付け襟を中心とした作品の製作・販売をしています。
ハンドメイド、ハンドメイド作家、洋縫に関する情報をシェアしていきます。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次