【製作レポ】純粘土技能認定講座・課題②木の葉のペンダント

【製作レポ】純粘土技能認定講座・課題②木の葉のペンダント

純粘土技能認定資格を取るための【純粘土技能認定講座】の課題②木の葉のペンダントの製作が終わりました。

製作に使用した道具や製作の際のポイントをまとめました。

目次

使用した道具・材料

使用した道具・材料

使用した道具と材料は以下です。

使用した道具

  • ゴム台
  • スポンジ研磨剤・赤(#320~#600)
  • ステンレスブラシ
  • 磨きヘラ
  • ドリル刃
  • 平筆
  • マスキングテープ
  • ドライヤー
  • ピンバイス

使用した材料

  • アートクレイシルバー ペーストタイプ
  • Cカン 1個
  • チェーン 50㎝

課題②木の葉のペンダント・製作レポート

課題②木の葉のペンダント・製作レポート

課題②木の葉のペンダントのデザインについてや、製作のポイントなどを以下にまとめました。

デザインについて

デザインについて

ミントの葉を使用しました。

葉をそのまま使うのではなく、虫食いの葉の形にしました。

製作のポイント

今回製作した作品のポイントは、以下です。

1.木の葉の転写の仕方

葉の選び方

葉の選び方

転写に向いている葉を選ぶポイントは、

  • 葉の裏側の葉脈がはっきりしているもの
  • 毛が無いもの
  • つるつるしていないもの

例:桜、ミント、イタリアンパセリ…

ペーストの塗り方

ペーストの塗り方

はじめはペーストに水を多めに加え、塗り重ねていくにつれ少しづつ水の量を減らしていきます。

ペーストを塗る→ドライヤーで乾かすを繰り返し、厚みが0.5mm~1mm程度になるまで塗り重ねます。

2.ピンバイスを使用した穴あけ

ピンバイスを使用した穴あけ

ドリル刃は、1mmで穴をあけた後、1.5mmで穴をあけます。

穴が曲がらないよう刃は直角にして穴をあけます。

3.金具の取り付け方

金具の取り付け方

Cカンは、ヤットコを使って取り付けます。

ネックレスチェーンは、利き手側に引き輪が来るように付けます。

+αで学んだこと

今回、作業していく中で上手くいかなかった箇所2点を修正しました。

1.ひび割れてしまった粘土の修正

ひび割れてしまった粘土の修正

ペーストを塗り重ねていくうちに、粘土がひび割れてしまいました。

ひび割れた部分にペーストを薄めに溶いたものを入れ浸透させる→少しずつ粘土の濃度を上げながらヒビに入れていき修正しました。

2.Cカンが通らない時の修正

Cカンが通らない時の修正

ドリル刃を使って1mm→1.5mmで穴をあけましたが、Cカンが通りませんでした。

入り口と出口の部分だけ2mmのドリル刃で穴を大きくすることで、Cカンを通すことができました。

まとめ

今回は、【純粘土技能認定講座】課題②木の葉のペンダントの製作についてまとめました。

課題作品13点+審査課題3点のうちの、2つ目の課題が終了しました。

引き続き、課題製作を進めレポートしていきたいと思います。

1つ目の課題のリングの製作レポは、以下の記事にまとめています▼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iroiroのアバター iroiro ハンドメイド作家

ハンドメイド作家iroiroとして、付け襟を中心とした作品の製作・販売をしています。
ハンドメイド、ハンドメイド作家、洋縫に関する情報をシェアしていきます。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次