【製作レポ】純粘土技能認定講座・課題③花の透かしペンダント

【製作レポ】純粘土技能認定講座・課題③花の透かしペンダント

純粘土技能認定資格を取るための【純粘土技能認定講座】の課題③花の透かしペンダントの製作が終わりました。

製作に使用した道具や製作の際のポイントをまとめました。

目次

使用した道具・材料

使用した道具・材料

使用した道具と材料は以下です。

使用した道具

  • ゴム台
  • ステンレスブラシ
  • 磨きヘラ
  • 細筆
  • 平筆
  • クリアファイル
  • 図案
  • 紙やすり
  • カッター

使用した材料

  • アートクレイシルバー ペーストタイプ
  • アートクレイシルバー シリンジタイプ
  • 合成石マーキスカット 8×4 4個
  • 合成石ラウンドカット φ4 1個
  • Cカン 1個
  • チェーン 40㎝

課題③花の透かしペンダント・製作レポート

課題③花の透かしペンダント・製作レポート

課題③花の透かしペンダントのデザインについてや、製作のポイントなどを以下にまとめました。

デザインについて

デザインについて

お花のデザインで、花びらは1枚おきに合成石を入れました。

ブルー系の合成石でまとめ、夏らしいお花のペンダントにしました。

製作のポイント

今回製作した作品のポイントは、以下です。

1.シリンジタイプの粘土の扱い

シリンジタイプでの造形

シリンジタイプでの造形

シリンジは一定の強さで押し出します。

シリンジ線が潰れないように、水で濡らした筆で修正します。

シリンジタイプの保存方法

シリンジタイプの保存方法①

乾燥を防ぐため、使いかけのシリンジにはキャップを付けておきます。

シリンジタイプの保存方法②

さらに、ウェットティッシュでくるんだ後にラップを巻いておきます。

2.ペーストタイプでの補強

ペーストタイプでの補強①

シリンジタイプは強度があまりないので、シリンジ線の隙間やつなぎ目をペーストタイプで補強します。

ペーストタイプでの補強②

紙やすりなどで全体を滑らかに整えます。

3.シリンジタイプでの合成石の取り付け

シリンジタイプでの合成石の取り付け①

合成石は水平に全て同じ高さになるようピンセットで調整します。

シリンジタイプでの合成石の取り付け②

合成石が外れないよう、シリンジで覆います。

覆いすぎると合成石が小さく見えてしまうので、覆いすぎないように注意します。

+αで学んだこと

今回、作業していく中で上手くいかなかった箇所2点を修正しました。

1.潰してしまったシリンジ線の修正

潰してしまったシリンジ線の修正

手が滑り、せっかく描いたシリンジ線を一部潰してしまいました。

潰れてしまった部分をカッターでカットし、描き直しました。

2.合成石が入らない場合の修正

合成石が入らない場合の修正

シリンジ線の層を重ねるにつれ、少しづつ作品が小さくなり合成石が入らなくなってしまいました。

少し大きめにシリンジ線を1層重ねた後、合成石をのせ、修正しました。

まとめ

今回は、【純粘土技能認定講座】の課題③花の透かしペンダントの製作についてまとめました。

課題作品13点+審査課題3点のうちの、3つ目の課題が終了しました。

引き続き、課題製作を進めレポートしていきたいと思います。

1つ目の課題のリングの製作レポは、以下の記事にまとめています▼

2つ目の課題のペンダントの製作レポは、以下の記事にまとめています▼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iroiroのアバター iroiro ハンドメイド作家

ハンドメイド作家iroiroとして、付け襟を中心とした作品の製作・販売をしています。
ハンドメイド、ハンドメイド作家、洋縫に関する情報をシェアしていきます。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次